プロミス 土日

土曜日にプロミスで借り入れするときの注意点

土日でも即日融資が可能になったカードローン

以前はカードローンで借り入れを行うのに土日にお金を借りようと思うと、一部の店舗を持つ金融会社で手続きを行うしか方法がありませんでした。

土日には借りれない

ですが今ではスマホやパソコンからその場で申込みや審査ができるのはもちろん、コンビニATMや自動契約機の普及などで土日でもその日のうちにお金を借りることができるようになっています。

そんな便利なカードローンですが、土日に申込みを行い、その日にお金を借りる場合にはいくつか注意しなければいけないポイントがあります。

振込入金はNG!全国に自動契約機のあるカードローンを選ぶ
最近ではある程度大手の金融会社であれば土日でも申込みや審査は可能です。ネット申込みを利用する場合、審査時間も60分程度でできるところもあり、その点についてはほぼ問題ないといってもいいといえます。

土日でも問題なし!

ただ問題なのは入金手続き。土日にカードローンを申込んだ場合、金融会社の審査を無事に通過したとしても、肝心の銀行やゆうちょといった金融機関が営業時間外となるため、実際に申込者の預金口座にお金が入金されるのは週明けとなることがほとんど。

週明けでも問題ない場合はもちろん構いませんが、本当に必要なときは土日であってもすぐにお金を確保したいもの。そういった場合には全国に自動契約機のあるプロミスなどのカードローンを利用するのがおすすめです。

在籍確認ができない土日。そんな場合は直接依頼!
土日にお金を借りるもうひとつの問題が勤務先が休みのために在籍確認が取れないということです。在籍確認とは申込者が申込時に記載した職場にきちんと勤めているかを確認するもので、金融会社にとっては融資をするかしないかの判断を行う、非常に重要な審査のひとつとなります。

土日でもすぐ借りれた

サービス業など土日でも出勤のある勤務体系であれば問題ありませんが、一般的に土日はお休みという勤め先も多く、その場合最低でも在籍確認が可能となる週明けの月曜日が借入金の入金日となります。

ただ勤務先が休みなどの理由で在籍確認ができない場合でも土日に融資を受ける方法があります。それが在籍確認の電話連絡を省略してもらうという方法です。

カードローンの審査のひとつとして行われる在籍確認は、通常金融会社であることがわからないように勤務先に電話を入れるかたちで行われます。ですが土日など在籍確認が取れない場合にはそれを直接伝えることにより、職場への電話連絡という方法を省略して手続きを進めることができます。

その場合、プロミスの公式サイトより「カンタン入力でお申込み」で申込みを行い、詳細確認の電話の際に”在籍確認の電話を省略したい”旨を伝えればOK。

利用者の要望に柔軟に対応してくれるプロミスだからこそ可能な土日でも最短で借入できる方法です。ぜひうまく活用してみてくださいね。

プロミス

\土日もOK!職場にばれずに借りるなら/

プロミス

在籍確認なしのカードローン

プロミスの在籍確認を書類で済ませるには?

プロミスの電話連絡で聞かれること

在籍確認なしで借りれるカードローン

プロミスなら家族にばれずに借りれる《即日融資》

プロミスの在籍確認は電話連絡不要で安心

プロミスなら在籍確認なしで即日振込も可能!また50万円まで収入証明書など書類準備が不要で借りれるのも大きなメリットの一つ。プロミスで職場への在籍確認や自宅への郵送物をなくす方法はこちら。
プロミスでばれずにお金を借りるにはどうしたらいいの?

※電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。

土曜日にプロミスで借り入れするときの注意点関連ページ

電話一本!プロミスで在籍確認を省略してもらう方法
プロミスでは利用者のプライバシーを守る一環として、在籍確認時に行われる職場への電話連絡について柔軟に対応してくれます。ここではそんな在籍確認を電話一本で省略してもらう方法をまとめています。
プロミスの電話での在籍確認はいつかかってくるの?
プロミスなどの在籍確認がいつかかってくるのかと気になってしまい、人によっては仕事に支障をきたすこともあるかもしれません。
派遣社員がプロミスを申込んだときの在籍確認について
プロミスのカードローンはパートやアルバイト、そして派遣社員の方であっても、毎月安定した収入を得ている方であれば申込むことが可能です。
在籍確認は何のためにあるの?
カードローンの申込みの際に行われる在籍確認。これって何のためにやるの?どうして在籍確認を行う必要があるの?
プロミスの在籍確認の内容とは?
在籍確認はプロミスの中では「お勤めの確認」と呼んでいるもので、申込書には会社の連絡先を記載しており、この連作先に電話をするのが在籍確認、もしくは「お勤めの確認」になります。